ビジネスでの笑顔

ビジネスの現場では笑顔が好印象

ビジネスを好循環させる

人間の感情は、他人から大きな影響を受けますが、その象徴的な例は、笑顔が連鎖すると言う事です。ビジネスの現場でも、社員同士の絆が深まり、活気に溢れたオフィスの醸成にも繋がり、常に本音で話し合える雰囲気は、より質の高いアイデアを出し合うことが出来、生産性の向上へと繋がり、業績アップへの近道です。そのようなオフィスに訪問されたお客様は、雰囲気を敏感に読み取り、それが即、会社のイメージとなります。さらに笑顔で接する事が出来れば、好印象となり、よい話し合いをする事が出来れば、ビジネスの好循環へと繋がって行きます。

仕事で良い印象を与えるには

ビジネスで成功するためにはまずは相手に良い印象を与えることが欠かせません。簡単に出来るのが笑顔でこれは微笑む程度で良いです。シンプルに表情筋を動かすのは簡単に見えて実際のビジネスだと殆どの人が出来てないです。無表情だと出会っても心が動かないというサインになるので、笑顔が難しいときでも表情筋を動かして相手に好意があることを伝えます。他にも相手を気遣う言葉もおすすめです。また特別会話をしなくても身だしなみ一つで悪くも良くもなります。見かけではないといいますが、第一印象はほぼ見た目で決まることが多いので身だしなみをきちんとしておくことは重用です。

↑PAGE TOP